/

この記事は会員限定です

ヤングケアラー、負担軽減へ 首都圏で支援広がる

#ハッシュタグ

[有料会員限定]

病気や障害などのある家族らの世話や介護をする18歳未満の子ども「ヤングケアラー」の対策を、首都圏の自治体が強化している。学業が必要な時期にほかの負担が重なると、進学や就職に影響が出かねない。各自治体は実態調査をするほか支援体制を強化し、いち早く負担を軽減させる考えだ。

首都圏の中でもヤングケアラー支援の取り組みがいち早く進んでいるのは埼玉県だ。2020年3月には全国初となるケアラー支援条例を施行...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1336文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン