/

この記事は会員限定です

「失敗の経験」生かす2代目 ヌボー生花店・山﨑年起社長

多彩人財

[有料会員限定]

東京の大手システム会社でシステムエンジニア(SE)として働いていた山﨑年起さんが、親が創業したヌボー生花店(長野市)に入社したのは2010年。同市内に複数の店舗を展開するなど規模拡大を進める中、社員の不祥事などで膨らんだ借入金で会社は傾きかけていた。

SEとして製鉄会社を担当し、取引先の自動車メーカーと鋼板の生産情報を共有するシステム開発などを手掛けた。仕事にやりがいも手応えも感じていたが、帰省す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り978文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン