/

岩手知事「大変良かった」 世界文化遺産登録決定で

御所野遺跡などの世界文化遺産への登録が決まり、うちわを振って祝う達増知事(右)ら(27日、岩手県庁)

岩手県の達増拓也知事は27日、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会が御所野遺跡(一戸町)を含む「北海道・北東北の縄文遺跡群」の世界文化遺産への登録を決めたことについて「大変良かったと思う。うれしい」と喜びの声を上げた。岩手県庁で記者団の質問に答えた。

達増知事は「青森県をはじめとした地元関係者と、日本政府が力を合わせてユネスコに決めていただいた」と関係者の労をねぎらったうえで、御所野遺跡の地元の取り組みにも言及。「一戸町として保存する決断をして、地元の皆さんが長い間ずっと努力して守ってきたもの。それが世界遺産として認められて本当にうれしい」と語った。

世界文化遺産への登録が決まった御所野遺跡

御所野遺跡が岩手県内では中尊寺など(平泉町)、橋野鉄鉱山(釜石市)に続く3カ所目の世界遺産となることについては「岩手県の歴史の深さ、節目節目に花開いた文化遺産の存在を感じる」と発言。「まず地元の皆さんに親しんでいただいて、そして全国、海外の皆さんにもいらしていただきたい」とアピールした。

知事はこの日、岩手県庁内で中継された世界遺産委員会の審議を見守った。登録が決まると、審議を一緒に見守った担当課の職員十数人とともにうちわを振って祝った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン