/

この記事は会員限定です

老舗酒造の飯沼本家、敷地内に和食店「きのえねomoya」

ちばNewWave

[有料会員限定]

酒造老舗の飯沼本家(千葉県酒々井町)は敷地内の古い木造家屋を改修し、日本料理店を開いた。季節ごとの和食と自社の日本酒を、酒蔵の歴史を伝える趣のある空間で味わってもらう。夏には豪華なキャンプを楽しめるグランピング施設も設ける計画で、「観光蔵」としての施設を充実させ、幅広い層の集客を狙う。

「酒と二十四節気料理 きのえねomoya」を3月に開店し、5月から営業を本格化した。建物は歴代当主が暮らしてい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り768文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン