/

ドローンで魚群探索、燃料費削減へ 神奈川県などが実験

神奈川県は27日、航空機販売の伊藤忠アビエーション(東京・港)などと飛行艇型ドローンで魚群探索をする実証実験を始めると発表した。同県横須賀市のキハダマグロの漁業者と連携し、小型の漁船に搭載したドローンを相模湾で飛ばし、魚群を探す時間を短縮できるか検証する。探索を効率化し、漁船の運航にかかる燃料費の縮減を目指す。

伊藤忠アビエーションのほか、ドローン開発のスペースエンターテインメントラボラトリー(福島県南相馬市)、横須賀市、長井町漁業協同組合が実験に取り組む。飛行艇型ドローンは全長が200センチメートル、翼幅は310センチメートル、高さ70センチメートルで、およそ漁船から20キロメートルの範囲を飛行する。

まずはドローンで魚群を追う鳥の群れを探し、魚群の種類の判別を試みる。ドローンからの映像をリアルタイムで確認して、位置情報を取得するなどして探索時間を短縮する。30日に初回の実験をし、成果を検証してその後の実証実験につなげる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン