/

よこすかポートマーケット開業、三浦半島の「食」発信

神奈川県横須賀市の新港町に28日、商業施設「いちご よこすかポートマーケット」が開業した。飲食店や土産物店など約20店舗が入り、三浦半島の「食の発信拠点」を目指している。

同施設は2013年から市の外郭団体が運営していたが、赤字が続いたため19年に閉店した。不動産運用のいちご(東京・千代田)が運営を引き継ぎ、改装オープンした。

店舗面積は旧施設の2倍に拡張し、東京湾が一望できる共有部分に約270席を設けた。週末を中心にイベントも開催。年間来店者数は100万人を目標にしている。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません