/

横浜の米軍通信施設跡地 相鉄、テーマパーク開発断念

上瀬谷通信施設跡地の柵や看板

横浜市瀬谷区・旭区にまたがる米軍の旧上瀬谷通信施設の跡地をめぐり、相鉄ホールディングス(HD)が検討していた大型テーマパークの開発を断念したことがわかった。テーマパークなどの開発は、相鉄HDとともに地権者らと同跡地の活用方法を総合的に検討するパートナーの大手不動産会社が引き継ぐ方向で検討するという。

同跡地は2015年に米軍から返還された。返還地約242ヘクタールの一部で、横浜市は27年に国際園芸博覧会(花博)招致を目指している。花博開催後はテーマパークや物流施設を誘致する計画。約125ヘクタールの観光ゾーンについては、相鉄HDが跡地の民間地権者らに東京ディズニーリゾート(千葉県浦安市)のような大型テーマパークの誘致を提案していた。

同跡地は相鉄線の瀬谷駅から約2キロメートルの場所にあり、市は交通利便性の向上に向けて瀬谷駅から同跡地までを結ぶ全自動無人運転の新交通システム整備を計画している。

相鉄HDによると、同跡地の民間地権者らで構成する「旧上瀬谷通信施設まちづくり協議会」との「検討パートナー」であることは変わらないという。ただ大型テーマパークの開発断念については「現時点で答えることはない」としている。横浜市は「年間1500万人が来場するテーマパークを核としたまちづくりの考え方は変わっていない」として、現時点では土地区画整理や新交通システム整備の計画を変更していない。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン