/

島根・益田市医師会、スマートシティーで連携協定

地方で導入しやすいコンパクト型スマートシティーの実現を目指す一般社団法人サイバースマートシティ創造協議会(MCSCC、東京・港)は27日、島根県の益田市医師会と包括連携協定を結んだと発表した。

同協議会は益田市を中心にIT(情報技術)や人工知能(AI)を使って水位自動監視システムや道路モニタリングなど様々な事業を展開しており、医療・ヘルスケア関連でも血圧データの収集・解析や乳幼児の見守りなどの事業を実施してきた。今回、医師会と正式に連携協定を結んで協力関係を深め、新たに医療施設での高齢者介護支援事業にも取り組んでいく。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン