/

相鉄・東急「新横浜線」、23年3月に開業 日吉駅に接続

相模鉄道と東急は27日、整備を進める新路線「新横浜線」を2023年3月に開業すると発表した。具体的な開業日は未定。新路線が開通すると神奈川県央部から東京都心などへのアクセスが向上するほか、新横浜駅で東海道新幹線に接続する。相鉄は1月28日から駅や電車内などで同線のPRを始める。

相鉄・東急「新横浜線」は羽沢横浜国大駅から新横浜駅、新駅である新綱島駅を経て日吉駅へと接続する連絡線だ。東京地下鉄の副都心線や南北線、都営三田線、東武東上線、埼玉高速鉄道など7社局14路線のネットワークを形成する。

相鉄・二俣川駅(横浜市)から東急・目黒駅(東京・品川)までの所要時間が従来の約54分から約38分へと短縮する。これまでにトンネルや新横浜駅、新綱島駅の土木工事はほぼ完了しており、軌道や駅舎などの機械設備工事を実施している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン