/

この記事は会員限定です

岡山はトマト、香川はオリーブ 特産生かし荒廃農地再生

データで読む地域再生 中国・四国

[有料会員限定]

荒廃農地を減らす取り組みは中国・四国地域でも大きな課題だ。企業の参入によって再生するとともに雇用を生み出したり、自治体が新規就農者の獲得を目的に事前に整地したりと各地は知恵をしぼる。スイカやオリーブなど特産品の生産強化に結びつけている例が目立つ。

農林水産省のデータから都道府県ごとの荒廃農地の再生面積を集計すると、中四国では2016~20年の合計で岡山県が2062ヘクタールで最も多かった。

岡...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1166文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません