/

この記事は会員限定です

日銀仙台支店、東北の7月景気判断を据え置き

[有料会員限定]

日銀仙台支店は27日、東北6県の7月の景気判断を据え置いた。「引き続き厳しい状態にあるが、基調としては持ち直している」とした。製造業を中心に設備投資は増加傾向にあるものの、宿泊や飲食などのサービス消費は引き続き厳しい状況が続いている。景気判断の据え置きは5カ月連続。

設備投資の判断については前月の「持ち直しつつある」から「増加している」に判断を上方修正し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り170文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン