/

この記事は会員限定です

北信越の事業承継、新潟の酒蔵で広がる「後継は非同族」

データで読む地域再生 信越・北陸

[有料会員限定]

北信越5県の2021年の後継者不在率を11年と比べたところ、新潟・福井・長野が改善(低下)した一方、石川・富山は悪化(上昇)した。4年連続で不在率が改善した新潟では、日本酒業界を中心に後継者難から非同族への承継が広がる。また、各地域では事業承継を支援する組織を設立し、技術や伝統を次代につなげて、地域再生に生かそうとしている。

日本三大夜桜の地としても知られる高田城址公園(新潟県上越市)からも近い...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2153文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン