/

この記事は会員限定です

広島のサクラオB&D、ウイスキー増産 全量「純国産」に

[有料会員限定]

酒類製造のサクラオブルワリーアンドディスティラリー(サクラオB&D、広島県廿日市市)はウイスキーを増産する。8月にも約1億円を投資して生産能力を倍増させ、2023年をめどに全量を輸入原酒を使わない純国産に切り替える。今年7月には初のシングルモルトウイスキーを出す予定で、ブランドイメージを高めつつ供給を拡大する。

サクラオB&Dは日本酒からリキュールまで幅広く扱う。1980年代半ばまでウイスキーの製...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り980文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン