/

この記事は会員限定です

あんずの木で作ったウクレレ  長野県千曲市の返礼品

ふるさと納税 わがまちの逸品

[有料会員限定]

あんずの生産量が全国でもトップクラスで、「あんずの里」と呼ばれる長野県千曲市。毎年春になると鮮やかなピンク色のあんずの花を見ようと、多くの観光客が集まる。貴重な観光資源をさらにアピールしようと、市はあんずの木を使ったウクレレをふるさと納税の返礼品として扱っている。

千曲市では2020年から、返礼品としてウクレレの取り扱いを始めた。音の響きが異なる2種類を用意しており、ソプラノと呼ぶ小さい方のウクレ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り664文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン