/

埼玉県集団接種センターでリハーサル 6月1日開設へ準備

埼玉県は27日、新型コロナウイルスの高齢者向けワクチンの集団接種会場「埼玉県高齢者ワクチン接種センター」が開設される県浦和合同庁舎(さいたま市)でリハーサルを行った。リハで浮かび上がった課題や問題点を改善し、6月1日の開設に向け準備を進める。

リハは実際に接種センターが開設される合同庁舎5階で実施。予診票の受け付けから問診、接種、待機という接種の本番と同様の流れで接種者や高齢者の動き方、動線の状況などを確認した。視察した大野元裕知事は「接種の道順など分かりにくい点があった。課題を確認し、問題が起きた場合もすぐに対処できるよう、いろいろな想定をして対応してほしい」と語った。

同センターは医師・看護師計16人を含む約50人体制で運用する。5月25日から6月1~15日分の予約受け付けを開始しており、6月16~30日接種分の予約は6月9日から受け付ける。期間内に約2万1千人に米モデルナ製ワクチンを2回接種する予定。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン