/

この記事は会員限定です

中四国もアニメ聖地で街おこし、コロナ影響もファン支え

[有料会員限定]

中国・四国地方でもアニメを観光客誘致や移住に結びつけている地域は多い。ディップが運営するウェブサービス「聖地巡礼マップ」によれば、中四国9県の2021年4月時点の聖地数は306カ所と7年前の約2倍に増えた。アニメは観光地の少ない自治体にとっても街おこしのチャンスになる可能性がある。

四国の聖地の一つが、テレビアニメ「結城友奈は勇者である」の舞台、香川県観音寺市だ。14年の放映後、海外からもファンが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1111文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン