/

この記事は会員限定です

再エネ発電拡大で協定 中部電力系・エプソン・長野県

[有料会員限定]

中部電力ミライズ(名古屋市)とセイコーエプソン、長野県は27日、再生可能エネルギー発電の普及を進める協定を結んだ。エプソンが支払う再エネ由来電力料金の一部を、県内で整備する水力発電所の整備に充てる。

エプソンは4月から長野県内の事業所で使う全ての電力を、中部電力ミライズが販売する再エネ由来電力「信州Greenでんき」でまかなっている。その電気料金か...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り160文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン