/

この記事は会員限定です

子どもが安全な道路整備 首都圏自治体が危険低減策

ハッシュタグ

[有料会員限定]

首都圏の自治体が子どもの路上事故防止対策を強化している。歩道の増設に加え、車道の路面に段差を設けたり道幅を狭くしたりしてスピードを出しにくくする取り組みも進む。6月に千葉県八街市で起きた小学生の死傷事故をきっかけに、子どもが安全に歩ける道路整備が改めて自治体の課題となっている。

市内で下校中の小学生らが大型トラックにはねられる事故が起きた八街市は、現場周辺の道路の車道を狭めて歩道を確保するなど、再...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1188文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン