/

この記事は会員限定です

モデルナ製、東北4県で使用停止分を接種

[有料会員限定]

米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンの異物混入問題で、東北の4県で厚生労働省が使用停止を求めたワクチンが接種されていたことが分かった。現時点で健康被害の報告はないという。

岩手県では27日時点で計2527人に接種されたことが判明。紫波町で21、22日に実施された集団接種などで使われた。福島県では使用停止となったワクチンが職場接種の9会場に配ら...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り170文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン