/

山形県、中小企業支援などに53億円の補正案

山形県は27日、一般会計で総額53億6000万円の2022年度6月補正予算案をまとめた。国の臨時交付金を活用し、原油高や物価高騰の影響で売上高が減少した法人に10万円、個人事業主に5万円を支給する事業に20億円を計上。燃油高などに苦しむ運輸・交通業向けには、バスやトラック、タクシー1台あたり5万~20万円を支給する資金として8億円を確保した。

このほか、低所得の子育て世帯への特別給付金として1億円、市町村のプレミアム商品券発行事業を支援するために5億円を充てる。ウィズコロナ・ポストコロナへの対応として、国際チャーター便の受け入れ支援やネット販売への進出を支援する費用なども盛り込んだ。6月県議会に提出する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン