/

この記事は会員限定です

新技術で団地住みやすく 首都圏で官民の実験相次ぐ

#ハッシュタグ

[有料会員限定]

首都圏の団地や集合住宅で、自治体や企業が最新技術を使って住環境を快適にする試みが相次いでいる。官民が連携し、ロボットを使った家庭菜園の運営や高齢者向けの移動手段などの実証実験が進む。設備の老朽化や住民の高齢化といった課題を解決し、暮らしやすい街に再生させる狙いだ。

横浜市の集合住宅「オクトス市ケ尾」の一角で3月、住人や関係者が見守るなか、太陽光パネルや水道と接続された自動栽培ロボットが自動で農作業...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1305文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン