/

長野県信連、前期剰余金11%増

長野県信用農業協同組合連合会(長野県信連、長野市)が27日発表した2022年3月期決算は、税引き利益にあたる当期剰余金が前の期比11%増の104億円だった。有価証券利息配当金が増えたほか、取引先の業況改善により貸倒引当金の戻入益が発生した。本業のもうけを示す実質業務純益は56%増の98億円だった。

3月末時点の貯金残高は2%増の2兆8791億円、貸出金残高は前年から微減の3565億円だった。不良債権比率は1.76%と、0.12ポイント改善した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン