/

東京都「軽症者らは本人で」 自宅療養者の健康観察

(更新)

東京都は自宅療養している新型コロナウイルス感染者について、50歳未満の軽症者らの健康観察は本人に委ねる体制に切り替える。電話やネットで毎日確認してきた保健所の負担を軽減する。療養者の急な相談に応じられる24時間電話窓口を新設し、往診や食料配達などの調整にあたる。最大300回線を用意し31日から運用する。

27日に専門家を交えて開いたモニタリング会議で明らかにした。電話窓口の名称は「自宅療養サポートセンター(うちさぽ東京)」とする。

対象となるのは基礎疾患がなく症状も軽い50歳未満の感染者。これまで通り感染の判定に医師の診断が必要になる。保健所による健康観察は、重症化リスクのある高齢者や基礎疾患のある自宅療養者に重点を置く。

都内の自宅療養者(入院調整中含む)は27日時点で約8万9千人。都の試算では、1日あたりの新規感染者が2万人規模になった場合には約19万人に増え、このうち本人に健康観察してもらうのは約12万人になるという。

モニタリング会議では、1週間後の新規感染者が約2万4千人に増えるとの推計も示されており、保健所業務の逼迫が懸念されている。

小池百合子知事は会議後、記者団に「1日あたり(新規感染者が)2万人となった場合でも、(新たな体制によって)年齢やリスクに応じた効果的な健康観察ができる」と強調した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン