/

金沢・近江町市場限定の焼きまんじゅう 農業法人六星

農業法人の六星(石川県白山市)は金沢市中心部の近江町市場にある直営の和菓子店「豆餅すゞめ」限定の焼きまんじゅうを商品化した。小麦粉ベースの生地に自社栽培の餅米の餅粉を使い、中にも餅を入れた。コロナ禍で観光客が落ち込んだ近江町市場に地元客を呼び寄せるのが狙いだ。

商品名は「すゞめのまる焼」。全部で7種類あり、加賀棒茶や能登牛といった石川県産食材を使った商品も用意した。価格は130~160円。同社は「焼きまんじゅうは気軽に買いやすく、まとめ買いにも来たくなる商品。地元のお客様を少しでも呼び寄せ、近江町市場の活気を取り戻したい」としている。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン