/

県境越えPB商品販売 山形と秋田の企業が連携

山形市と秋田県湯沢市の事業者が県境を越えて連携し、プライベートブランド(PB)商品の販売を始めた。新型コロナウイルス禍で事業者は売り上げが減少している。消費者に実際に手に取ってもらい集客につなげ、地域の枠を越えた活性化とにぎわい創出を目指す。

PBは「アンドマークテーブル」。山形市で「アンドマークカフェ」などを運営するエイアンドシー(山形市)が、あお葉フーズ(湯沢市)のジャムやドレッシング、稲庭うどん販売(同市)のかりんとうの取り扱いを始めた。併せて老舗コメ卸の鈴木又五郎商店(同市)の商品で、玄米に白米をブレンドした「HAPA RICE(ハパライス)」や米粉なども販売している。

中小企業の経営相談にあたる山形市売上増進支援センターと湯沢市ビジネス支援センターが連携し、実現した。エイアンドシーが「山形県にないもので、カフェの雰囲気に合ったPB商品を展開したい」と相談したのがきっかけだった。県境をまたいだセンターの連携で商品開発に至るケースは全国的にも珍しい。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン