/

この記事は会員限定です

過疎地医療、DXで支えろ 岩手・八幡平で産官学実験

[有料会員限定]

岩手県八幡平市で産官学が連携して過疎地の医療を支えるデジタルトランスフォーメーション(DX)の実証実験を進めている。腕時計型端末を使った高齢者の見守りのほか、遠隔診療やドローンによる薬の配送、脳血管疾患などの発症リスク予測に今後取り組む予定で、医師不足に悩む地域の課題解決策を探る。

実証実験は5年間の予定で、今夏に設立した産官学連携組織「八幡平市メディティックバレーコンソーシアム」が実施。同市と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1111文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン