/

この記事は会員限定です

「企業の事業モデル変革を支援」 伊予銀行の三好頭取

トップに聞く

[有料会員限定]

長期の低金利時代、新型コロナウイルス禍で金融機関の事業環境はさらに厳しさを増している。伊予銀行は2020年に就任した三好賢治頭取のもと、初めての中期経営計画を発表した。長引くコロナ禍が地域経済に影を落とす中、三好頭取に見通しや企業支援の方針を聞いた。

――コロナ下の決算をどう振り返りますか。

「県外での新規の営業活動などは制限されたが、銀行は資金を積み上げて稼ぐストック型の商売であり、急激に売り上げに影響...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1784文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン