/

この記事は会員限定です

千葉・銚子沖の洋上風力、富士山望む景観配慮 三菱商事

2025年着工、風車工事は27年から

[有料会員限定]

千葉県銚子市沖の洋上風力発電計画を巡り、事業者に選ばれた三菱商事を中心とする企業連合は富士山を望む景観や地域産業・雇用創出、漁業との共生などに最大限配慮しながら取り組む方針を示した。6月には海底地盤調査を始め、事業が具体的に動き出す。

27日夜、市民約120人を集めて市内で開かれた説明会で、三菱商事子会社の三菱商事エナジーソリューションズ(東京・千代田)の担当者が計画概要やスケジュール、地域連携...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1165文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

カーボンゼロ

温暖化ガス排出を実質ゼロにするカーボンゼロ。EVや再生可能エネルギー、蓄電池、各国政策などの最新ニュースのほか、連載企画やデータ解説を提供します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン