/

プレステージ、秋田県潟上市に進出 26年春に操業

プレステージ・インターナショナルは秋田県潟上市に進出することを決め、27日、県や市と立地協定を結んだ。30億円を投じて事業所を新設し、2026年4月の操業開始を目指す。企業や自治体の間接業務を請け負うBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)事業を強化する。

県が整備した昭和工業団地の一画に新設する。8.8ヘクタールの広さの土地を取得し、床面積8000平方メートルの平屋の建物を建設する考え。25年4月に着工、当初240人でスタートし将来800人まで増員する方針だ。玉上進一社長は「30年までに県内の従業員を約4000人まで増やす計画を進めていく」と語った。

潟上市の事業所では800席の業務スペースをはじめ、従業員の保育所やカフェ、ジム、セミナールームなども設け、一部施設を地域に開放する計画。佐竹敬久知事は「働きやすい職場が増えることで、女性の県外流出に歯止めをかける状況をつくっていきたい」と強調した。

同社は03年に秋田市に進出。県内では横手市やにかほ市にも事業所があり、秋田市に隣接する潟上市は県内4カ所目の拠点。能代市や男鹿市から通う従業員は働きやすくなる。3月末の県内の従業員数は1980人で、約7割を女性が占める。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン