/

この記事は会員限定です

スーパーカミオカンデの鉱山で酒熟成 富山の吉乃友酒造

[有料会員限定]

吉乃友酒造(富山市)は旧神岡鉱山(岐阜県飛騨市)の地底1000メートルで日本酒を貯蔵・熟成させる。鉱山内には研究施設「スーパーカミオカンデ」がある。東京大学の梶田隆章・卓越教授がノーベル物理学賞を受賞する契機となった素粒子ニュートリノを観測する施設だ。同社の酒米が育つ水とニュートリノ観測で使う水は水源が同じ。ストーリー性を売り物に海外でも販売する。

貯蔵・熟成させるのは、純米大吟醸のブランド「后...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り874文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン