/

この記事は会員限定です

クスリのアオキ、出店戦略見直し 現進出エリアを深掘り

[有料会員限定]

ドラッグストアのクスリのアオキホールディングス(HD)は出店戦略を見直す。既に進出している東北から関西で店舗を増やす一方、北海道や中国といった新たな地域への出店は原則、見合わせる。エリア拡大をてこに成長してきたが、各地で同業との競争が激化している。生鮮品などで差別化する店舗を既存エリアに設け、収益力を高める。

青木宏憲社長がインタビューで明らかにした。「(医薬品や日用品を売る)従来型の店舗は、ウエルシアホールディングスなど同業他社と同質化してしまっている。競争の激しい新エリア...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1058文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン