/

この記事は会員限定です

埼玉県内の商工系イベント、「ウィズコロナ」で再開の動き

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの影響で中止や延期が相次いでいた埼玉県内の商工系イベントで、再開の動きが目立ってきた。足元の感染状況が落ち着きを見せる中、AR(拡張現実)やオンラインなどを駆使して感染対策を徹底する「ウィズコロナ」の考え方で、新たなイベント開催のあり方を模索する。

11月6、7日、埼玉県飯能市内で「バーチャル飯能まつり」というイベントが行われた。目玉企画の1つがスマートフォンとARを活用したまち...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1059文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン