/

北陸電力、家庭向けの料金7プランを見直し 夜間値上げ

北陸電力は26日、家庭向けの電気料金で7つのプランを見直すと発表した。昼間の料金を値下げし、夜間の料金を値上げする。2022年4月1日から実施する。家庭での太陽光発電の導入拡大や省エネの推進などで昼間の電気使用量が減少し、他方でライフスタイルの変化や、深夜の電力で湯を沸かす電気給湯器「エコキュート」などの普及によって夜間が増えていることを反映する。

見直すのは16年に新規加入の受け付けを終了した7つの電気料金のメニュー。夜間の料金が安くなる「時間帯別電灯」や「季節別時間帯別電灯」、「深夜電力」が対象となる。夜間の需要が増えたことで、稼働コストの高い石油火力を用いることが増えているのに対応するため。

家庭向けの契約数116万件のうち、約34%にあたる39万件が該当する。同日開いた記者会見で、同社の常光健一執行役員は「値上げの影響で、大きく増収になるといったことはない」と話した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン