/

横浜銀行、顧客企業のデジタル化支援 専門組織を新設

横浜銀行は26日、法人顧客のデジタルトランスフォーメーション(DX)の支援体制を強化すると発表した。本店のデジタル戦略部内に「デジタル支援グループ」を新設し、専門人材の紹介やデータ集計といった幅広い分野のデジタル化、新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえたデジタル技術の活用などに対応できるようにする。

新設組織に「デジタルアドバイザー」などを含めた10人の担当者を置いた。グループの浜銀総合研究所(横浜市)や外部の専門企業と人材面などで連携しつつ、顧客企業の課題解決を後押しする。

同行は従来、インターネットバンキングなどを使った手続きを活用する「EB」やキャッシュレス化などを促してきた。新設した専門チームを通じて新型コロナを踏まえた新しい働き方への対応や業務プロセスの改善などを提案するコンサルティングなどを進める方針だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン