/

この記事は会員限定です

首都圏でシニア起業じわり拡大 経験や趣味を事業化

#ハッシュタグ

[有料会員限定]

首都圏で50歳代以上のシニア世代による起業が広がっている。若いときに企業などで培った経験や技術を生かしたり、趣味を事業化したりして「第二の人生」を切り開く中高年が目立つ。健康寿命の延びや、定年後も働こうという人が増えているのを背景に、シニアの起業はさらに盛んになりそうだ。

2020年に新宿中央公園(東京・新宿)にできた交流施設「シュクノバ」2階のテラスには軽やかな音楽を奏でる2基の黒いスピーカーが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1503文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン