/

横浜市の「上瀬谷ライン」構想、三セクが不参画通知

横浜市が米軍上瀬谷通信施設跡地(旭区・瀬谷区)と相鉄線瀬谷駅の間で建設を計画している「上瀬谷ライン」(仮称)を巡り、市の第三セクター鉄道、横浜シーサイドライン(横浜市)は26日、市に「現時点で参画しない」との回答を通知したと発表した。回答は25日付。事業の採算性、継続性が見込めないことを理由としている。

新交通システム「上瀬谷ライン」の構想は、市が2027年に招致を目指している国際園芸博覧会(花博)や、その後開発するテーマパークへの輸送手段として計画されている。

26日の定例記者会見で山中竹春市長は「(予定していた)年内の運行事業者決定は大変厳しいと認識している。花博開催に影響が出ないように至急検討したい」と話した。代替の交通手段の可能性や工事期間、事業費などについて検討を進めるとしている。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン