/

指定都市会長に神戸市・久元氏 2022年4月就任

全国20の政令指定都市でつくる指定都市市長会は26日、次期会長に神戸市の久元喜造市長が就任すると発表した。鈴木康友会長(浜松市長)の任期満了に伴う会長選で推薦を受け、初当選した。他に候補者はいなかった。任期は2022年4月1日から24年3月末まで。

久元氏は同日、「新たな政策課題を含めた積極的な国への政策提言に取り組み、指定都市のプレゼンスを高めていきたい」とのコメントを公表した。

久元氏は総務省自治行政局長や神戸市副市長を経て、13年に神戸市長に就任した。現在3期目。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン