/

この記事は会員限定です

信州吉野電機、提案型企業へ 独自技術で新製品続々

信越企業攻めの一手

[有料会員限定]

プラスチック成形・金属加工の信州吉野電機(長野県塩尻市)が技術提案型企業への脱皮に挑んでいる。電気工事に使う軽量工具の生産を本格的に始め、ゴルフティーやキャンプ用品といった自社開発製品も拡充する。自動車や精密機器部品などの受託生産が中心だったが、技術力を生かし独自性のある製品を生み出している。

「このモンキーレンチの重さは鉄製の3分の1。作業時に疲れないうえ落としても安全で、電気工事に最適です」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り815文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン