/

福島県産の果樹、霜の被害27億円 補正予算で対策

福島県は4月の降霜や凍結による果樹の被害額が27億5700万円に上るとの調査結果をまとめた。県内の果樹産出額の約1割に当たる。県は補正予算を組むなど対策に乗り出した。

福島県は降霜などによる果樹被害が約27億円に上るとの調査結果をまとめた(県庁)

被害面積は伊達市や福島市など県北地方を中心に計約1400ヘクタールに及んだ。被害額は特産の桃が13億6800万円と最大。梨が6億1800万円で続いた。ほかにアスパラガスなど野菜の被害額も900万円あった。

県は補正予算で5億5800万円の対策費を計上。収量確保に向けた肥料や農薬購入、枝の剪定(せんてい)など、農家の追加経費の一部を助成する。農家の資金繰りを支えるため、金融機関などと連携し上限300万円を低利で融資する制度も設けた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン