/

山梨大学、12月1日から3回目 甲府市は接種券発送

山梨大学は12月1日、医療従事者向けに新型コロナウイルスワクチンの3回目の追加接種を始める。医学部付属病院(山梨県中央市)の医療従事者は3月から優先接種を受けた。山梨大医学部によると、2回目の接種から8カ月を経過した医療従事者から順次3回目の接種を進め、優先接種を受けた約2800人の3回目接種を年度内に終える見通しという。

島田真路学長は「8カ月経過した人は抗体価(感染防止効果が期待できる中和抗体の濃度)が下がっている。海外でブレークスルー感染が増えており、感染力が強いとされる新たな変異株も出ている。日本に入ってくる可能性もあり、未然に防ぐ意味でもやれることはやっていきたい」と話した。

山梨大学では職場接種で約5万人に接種しており、島田学長は「職場接種の3回目を3月に始める。声かけを始めている」としている。

一方、甲府市は医療従事者約2000人に接種券を発送した。12月以降、診療所や総合病院で個別接種を始める。12月18、19の両日には甲府市の商業施設「ココリ」で一般向けの集団接種を実施するが、その際に、医療従事者の3回目の接種も実施するという。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン