/

この記事は会員限定です

特許低迷の福島県、出願数は全体の0.1% 巻き返しへ戦略

[有料会員限定]

福島県が2022年度、知財を活用した産業振興に着手する。新たな推進計画を定め、発明協会など関係機関との連携を強化する。同県の在住者や法人が出願した特許件数は国内の0.1%程度と低迷する。伴走型の支援を通じて成功事例をつくり、中長期的には研究開発型企業の増加を狙う。

2月、22年度から5年間の知財戦略推進計画を策定した。県と県発明協会が一体となって支援センターを設置。ワンストップの相談窓口として、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1332文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン