/

埼玉県、AIで探す運命の人 3年で63組を結婚に導く

データで読む地域再生 まとめ読み

11月26日に公開したシリーズ企画「データで読む地域再生」では、総務省のデータをもとに自治体が人工知能(AI)をどのように活用しているかを探りました。2020年度の市区町村へのAI導入率は21.6%と、19年度から13.4ポイント上昇しました。地域ごとの動きを深掘りした記事を読んで頂くと、膨大なデータを持つ自治体にとって、AIは業務を効率化しながら行政サービスの質を高める武器になっていることが分かります。

埼玉県、AIで探す運命の人 3年で63組を結婚に導く

山形市、保育所の入所選考に活用 時間外業務10分の1に

福岡市、高齢者のケアプランを提案へ 介護ベンチャーと開発

石川県加賀市、32業務で導入・検討 観光や防災など幅広く

大阪市、適切な資料を瞬時に検索 不慣れな職員の知識も補強 

愛知県、住民の質問に自動で回答 市町村と連携し共通システム 

札幌市、雪捨て場も自動で選ぶ 市立大とシステム開発

山口県宇部市、手書き申請をデジタルに 児童扶養手当や異動届

データで読む地域再生

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン