/

アルピコグループ、長野・蓼科湖でキャンプや気球体験

アルピコホールディングス(長野県松本市)傘下のアルピコリゾート&ライフ(同茅野市)は蓼科湖周辺の活性化に乗り出す。全国で観光コンテンツの開発・運営に携わるクロスプロジェクトグループ(同白馬村)と包括連携協定を締結。蓼科湖周辺でキャンプ場や新たな水上アクティビティーなどを提供する。若者層などにアピールできるコンテンツをそろえて地域の集客力を高める。

アルピコリゾート&ライフは旧東洋観光事業が4月にホテル事業を分離したうえで商号変更した。蓼科高原で不動産やレジャー、ゴルフ場運営などを手掛ける。今回の提携を通じて同社の所有地などを活用した新たな遊びや楽しみ方を提案する。

具体的には、遊休地を活用したキャンプ場事業を始めるほか、蓼科湖ではスタンドアップパドルボード(SUP)などの新たな水上アクティビティーを提供する。運営するゴルフ場での熱気球の搭乗体験なども始める。詳細は今後詰めるが、今夏以降のレジャーシーズンから投入していきたい考えだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン