/

東北電力とNTT東日本が協定 インフラ事業を効率化

東北電力と送配電事業を手掛ける東北電力ネットワーク(仙台市)、NTT東日本の3社は26日、インフラ事業の効率化を進める連携協定を結んだ。東北6県と新潟県を対象に、地中に埋設した電線やケーブルの配置情報を共有するほか、道路工事などの申請を一括して受け付ける。

道路工事の際、現在は工事会社が東北電力ネットワークとNTT東日本の両社に、ファクスや郵送で埋設物の調査や工事現場への立ち会いを申請している。

これをウェブ上で一括して申請できるようにして工事会社の負担を減らすとともに、受付業務の軽減にもつなげる。電子地図で申請する場所を指定してもらい、工事情報を共有する。

このほか、災害が発生した際のドローンで撮影した映像や、復旧に向けた資材の一時的な置き場の共有を検討する。各社が持つ資産や人材を活用し、最新技術で社会課題の解決を目指す「スマートシティー」構想などで連携することも盛り込んだ。

東北電の樋口康二郎社長は記者会見で「お互いが持つノウハウを持ち寄り、地域の課題解決につなげたい」と述べた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン