/

この記事は会員限定です

「つや姫」、22年は500トン増産 山形県

[有料会員限定]

山形県などは県産ブランド米「つや姫」の2022年産の生産量を、21年産より500トン多い5万3500トンにする。新型コロナウイルス禍で全体のコメ消費量は落ちているが、つや姫の需要は堅調といい「高値を維持できる範囲で需要に応えていく」としている。

県やJA山形中央会などでつくる山形「つや姫」「雪若丸」ブランド化戦略推進本部が決定した。つや姫は、21年に9800ヘクタールだった作付面積を22年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り193文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン