/

この記事は会員限定です

北陸のGW、観光地に高まる期待 予約は堅調

[有料会員限定]

29日からのゴールデンウイーク(GW)は新型コロナウイルスの感染拡大が始まってから3回目を迎える。各自治体は感染症対策を呼びかけるものの、今年は大きな行動制限がないため、北陸3県の宿泊施設や観光地は前年同期より大幅な集客増を見込んでおり、地域経済への波及効果に期待が高まっている。

「今年こそ、大きな声で『来てほしい』と言える雰囲気になった。大型連休中には7千人の集客を見込む」。東尋坊観光遊覧船(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1060文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン