/

この記事は会員限定です

富士通ゼネラル系、料理宅配用の連携システム開発

[有料会員限定]

富士通ゼネラルOSテクノロジー(川崎市)は飲食チェーンの宅配用連携システム「ストアハブ」を開発した。これまで飲食店は料理宅配業者ごとに個別のタブレット端末を装備する必要があったが、同システムはどの宅配業者の注文にも1台の端末で対応できるのが特長。コロナ禍で注文が増えている飲食店の労力削減につなげる。

料理宅配大手の「出前館」「ウーバーイーツ」の注文に対応するが、飲食チェーンのニーズがあれば他の宅配業者へ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り278文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン