/

脱炭素先行地域、東北は秋田・宮城の3計画選定 環境省

政府目標の2050年に先駆けて30年度までの脱炭素化に取り組む「先行地域」で、環境省は26日、第1弾26件のうち、東北では宮城県東松島市、秋田県・秋田市、同県大潟村の事業計画を選んだ。

秋田県と秋田市が共同提案したのは、県流域下水道を核に地域のマイクログリッド(小規模電力網)を構築する事業計画だ。市臨海部にある県の下水道処理施設と市の汚泥再生処理施設に風力、太陽光など再生エネルギー発電設備を26年から導入する予定だ。

事業費は約47億6000万円を見込み、国が3分の2から4分の3を補助する。県と市の9つの公共施設で消費する全電力をこのエリアで発電する再生エネなどで賄う。

佐竹敬久知事は同日の定例記者会見で、「人口減少が続くなか、県と市が共同で下水道事業を持続させる先進的な取り組みが評価されたと思う」と述べた。

大潟村は公共施設や村営住宅、村有地などに太陽光パネルを設置し、村内の家庭などで消費する電力の6割を賄う計画。併せて、カントリーエレベーターにもみ殻を燃料とするボイラーで熱を供給する。

東日本大震災で津波被害を受けた宮城県東松島市は、地元の太陽光発電事業によって得られた資金を使った植樹の取り組みを進めている。

先行地域では太陽光や風力などの再生エネと省エネ対策を組み合わせ、家庭やビルなどの電力消費に伴う二酸化炭素(CO2)排出量の実質ゼロを目指す。国は交付金を通じて、各地域の特性に合った脱炭素の取り組みを後押しする。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

カーボンゼロ

温暖化ガス排出を実質ゼロにするカーボンゼロ。EVや再生可能エネルギー、蓄電池、各国政策などの最新ニュースのほか、連載企画やデータ解説を提供します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン