/

高知大学・高知銀行、大学発の企業支援ファンド設立

高知大学と高知銀行は大学発スタートアップの支援を目的とした投資ファンド「高知県発ベンチャー投資事業有限責任組合」を設立した。ファンドの規模は約2億円。高知大の研究シーズ(種)を活用する企業などに投資し、地域経済の活性化につなげる。

ファンド運営は、高知大関連の一般社団法人日本アクアスペースと高知銀が出資して設立した「高知産学連携キャピタル」が担う。地域経済活性化支援機構(REVIC)がバイオや物理・化学、知的財産、財務などの専門家を派遣して協力する。

当初のファンドは高知銀が2億円、キャピタルが100万円を出資した。期間は2030年12月31日まで。まず2件の投資を目指す。今後は地元企業などに追加出資を求め、支援の対象を県内の他大学などにも広げる。

REVICは15年以降、鳥取大、島根大、徳島大で同様のファンドを手掛けており、これまで計13件の投資実績がある。

キャピタルの田中雅範社長は「高知大は農林水産業などに魅力的な種がありそうだ」と説明。高知大の桜井克年学長は「企業が育つ土壌が整った」と期待した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン