/

この記事は会員限定です

東京・大田の町工場、伝統的な受注分担をデジタル化

[有料会員限定]

東京都大田区と区内の町工場などは2022年度、共同受発注システムの運用を始める。受注内容に応じて一部工程を他工場に依頼する「仲間まわし」と呼ばれる町工場の分業手法をデジタル化し、依頼にかかる時間を現在より9割減らす。より多くの町工場で受注情報を共有し、提案が必要な複雑な案件への対応力の底上げも図る。

新システムは大田区と区産業振興協会、区内の町工場でつくる合同会社I-OTA(アイオータ)などが7...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1064文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン